キャッシング一撃必中コラム OLの師走

キャッシング一撃必中コラム サリーマンの師走

12月です!12月といえば!?社会人の心の支えボーナスの支給月!!
この月をとても楽しみにしていました…

 

なんといっても二カ月分近くのお給料相当が給料とは別に入ってくるのですから。
僕は既にボーナスの使い道を考えていたので、あっという間になくなってしまいましたが(笑)
そんな僕のボーナスの使い道ですが、一つ目は車のローンにあてました(笑)二つ目は…
念願の一眼レフを購入しました!

 

私は写真を撮るのが趣味で、デジカメも当然持っていますが…
私の使っているデジカメは決して機能の悪いものではないですが、
やはり一眼レフを使っている人の写真を見させてもらうと、
鮮やかさが全然違うのが分かってしまい、
以来デジカメで撮っていてもなんだか虚しく感じてしまうようになったのです。

 

結局、頑張って撮っていても一眼レフのようには撮れない…
でも、写真を撮ることは続けていきたい。
そう思って、かなりの大出費ですが、ボーナスが出るこの際に一眼レフを買おうと決めていたのです。
機種も口コミ評価をかなり読んで、性能はモチロン、
初めて一眼レフを持つ初心者でも使いやすいかどうか、
価格帯に見合う物なのかどうか…あとは地味にデザインも考慮して。

 

結果、別途レンズもいくらか買い揃えていくと
ボーナスの殆どがなくなる金額まで膨らみましたが(笑)
これなら満足いく写真が撮れると早速あちこち一人で
出かけては撮ってみたりして、大変満足しています。

 

しかし…僕は忘れていたんです。
12月は気温も寒いが財布も寒くなる魔の手がいくつもある月だということ…。
僕は現在営業課で働いているのですが、去年は違う部署で、
そこでは皆交流が淡白で、皆で集まったり飲み会を開くという習慣がなかったのです。
なので、全く気にしていなかったのですが今いる営業課では忘年会を開くらしいのです!
それも、一度だけじゃありません。同じ課の人とだけならともかく、
お世話になった人としたり、何故か営業課だけ、
もっと上の上司と飲みに別途行かなければならないのです…
しかも自腹で!!信じられません。

 

どうにか辞退できないものかと思いましたが暗黙の了解でこれは強制参加しなければならないらしいんです。
自腹なのに…。飲み会なんて酒は高いしつまみも高いし、
一回行っただけで割り勘したって結構な出費です。
それを何回もするなんて…それに、年末年始僕は実家に変えるため、
新幹線を既に往復で予約している。それだけでも数万飛んでいく。
とても給料のやりくりに余裕はない…

 

どうしたものかと思っていながらプライベート用のPCメールを開いて新着メールを読んでいると、
楽天からポイントプレゼントのメールがきていました。
僕はクレジットは楽天カードと決めているので、
ポイントが溜まるキャンペーンを教えてくれる楽天メールは購読するように設定しているんです。
いつものように開いてみると、いくつかキャンペーンが載っており、
どれもこまごまとしたものだったので面倒だし今回はいいかなと思ってましたが、
その中に気になるものがありました、キャッシングをしてポイントが貰えるとあったのです。

 

キャッシングとは、楽天カードについている機能で、
通常クレジットカードは購入した商品の代金を一旦会社に立て替えてもらい、
後払いするという流れですが、キャッシングは現金そのものを会社から借りるという流れです。

 

今までクレジットでもリボ払いや分割払いなどは利用した事があったのですが、
キャッシング機能は今まで使ったことがありませんでした。
今や大抵欲しい物はクレジット決済ができるので、多少給料での工面が難しくても、
リボなどで調整ができていたからです。

 

しかし今回は商品を購入するという訳ではなく、飲み会代用のお金、現ナマが欲しいのです。
正直キャッシングというのはなんとなく抵抗感を感じて、
今まで手を出していなかったのですし、その内容について、詳しく知ろうともしていませんでしたが…
一応、どういった仕組みなのかだけ楽天サイトで見てみました。

 

すると、基本的に楽天カードでキャッシングをしたら、返済は従来のクレジットと同様、
翌月の引き落とし日になるのだそうです。なので、例えば今月三万円キャッシングをしたら、
翌月のカード引き落とし日に、同通帳から三万円+利息が引き落とされているという訳です。

 

楽天カードで既に支払い実績は確認されているため、面倒な審査なども不要、
本人確認書類の提出も既に済んでいるため不要…。

 

という事は、要は普通のクレジットの利用と同じ感じで、現金という商品を購入したという感覚で借りられるということ。
違うのは利息がつく事か。しかし僕はそんな大金を必要としている訳ではないので、
利息と言ってもたかが知れている。来月のカード引き落とし日が返済日というなら、
それまでにお金のやりくりをしておけばいい。今月はちょっとアレだったが、
早々こんな出費をすることもないし、返済することは可能だと思う。

 

そしてそれでポイントもつくのなら、他の金融機関でキャッシングするよりはるかに手間も少なくて便利だと思った。
利息をケチるならば、金融機関でキャッシングする方がきっと安いのだろうとは思うけれど…。
僕は早速キャッシングの手続きをして、口座に数万円振り込むように手配した。

 

パソコンですぐ処理できるのもありがたい。キャッシングのためだけに外に出るのは少し気が進まないし(笑)でも、
どうやら楽天キャッシングはコンビニのATMでもできるらしい。
ATMで、提携会社の欄に楽天が入っている所では、キャッシングがその場で行えるのだそう。
あまり多用すると返済がしんどくなりそうだけど、
いざという時にキャッシングが使えると言うのは案外頼もしいかもしれない。

 

なによりクレジット文と同じように引き落としてくれるというのも僕にとっては統一されていてありがたい。
正直キャッシングしたお金の用途が飲み会代というのはなんだか
腑に落ちないが(笑)ひとまずお金の工面はできたので助かった。
分割リボを利用した時も感じたが、キャッシングにしろなんにしろお金のやりくりは
本人の経済観念がしっかりしていれば便利なサービスになるんだと感じた。

 

キャッシングなどのCMでお決まりの「ご利用は計画的に」という言葉は、まさに的を得ている、という訳だ。

 

キャッシング一撃必中